土地の活用ランド

田舎での土地活用を考える

都心部から離れた郊外での土地活用は、考え方を変えれば非常に魅力的です。郊外の田舎ならではのニーズをつかみ、的確に土地を活用することで、高い収益が期待できます。具体的に考えていくと、まず、どのような郊外であっても、必ず幹線道路があると思います。この幹線道路沿いは、交通量が多いので、店舗の出店ニーズが高いといえます。こういった土地があれば、土地を定期借地権にて貸し出すと、非常に安定して高い収益が確保できます。また、郊外によくある話ですが、接道がない農地の土地活用方法が非常に難しいということです。接道がない袋地は、建築も基本的に不可能であり、車での進入もできないため、駐車場経営も不可能です。そんなときは、その土地だけで活用が出来ないので、隣接する土地も含めて一体で活用するべきです。郊外であれば、小さい土地とともに、大きい土地のニーズも高いため、一団の土地をまとめて活用しましょう。そうすれば、高い収益も期待できます。

田舎ならではの土地活用

田舎や郊外の土地活用には、郊外ならではの活用法があります。例えば、都心部ではなかなか見られませんが、田舎の場合、農地をそのまま貸し畑といった状態で貸すこともできます。特に貸し畑の場合、広い畑をいくつかの区画に割り、貸し出して、その収益性を高めたりもできます。また自分で耕作できない田んぼなどを、小作人に貸し出す小作権制度がありますので、日本において、農地を貸すという歴史は、とても古いと言えます。また、幹線道路沿いの非常に広い土地であっても、コンビニに貸し出せることがあります。郊外型のコンビニの場合は、その運営に広い駐車場が必ず必要ですので、特に幹線道路沿いであれば、このニーズに該当します。都市部のコンビニでは考えられないほどの広い敷地ですが、広い土地をそのまま貸し出すため、その収益性は高いと言えます。他にも多少荒れた土地でも、資材置き場としてのニーズがありますので、その土地にあった活用方法を考えることが大切です。

『土地 田舎』 最新ツイート

@onekosan1224

父はものすごい田舎の出身で、父方の僕の祖父は郷土の名士(家柄ではなく先生だったからか)で父はその末子で非常に甘やかされて育ったらしい。土地柄やまあ一応出身階層がインテリなので父自身も暴君的なとこはまったくなくてそこには感謝してるのですが、ボンボンなのですねたぶん。

5分前 - 2021年04月17日


@KyokoDoppel

なんにせよ春光台なんて田舎の狭い土地だから、住んでたらすぐ身バレするよ。

1時間前 - 2021年04月17日


@Fq11nAnmLqG0cEX

@1999prince0421 とてもすごい田舎に来たので、老後もここに住み続けるのは流石に不便かと思い、賃貸で探していたんです。今はまだ集落に人はいるけど……といった土地なので💦いずれまた前の家に戻るか、そのまま賃貸にするか、悩… https://t.co/GW9ugnSDVl

3時間前 - 2021年04月17日


check

2017/2/16 更新


PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 土地の活用ランド ALL RIGHT RESERVED